メニュー
筑豊編
おだやかな日和に誘われるようにして、ぶらりとお出かけ。
知らない道を歩いてみると、今まで知らなかった街の顔が見えてくる。
福岡県の真ん中に位置する田川、そして朝ドラの舞台となった飯塚。
素敵なモノやヒトに出会える旅に、出発です。
女子は絶対好き♪ 『お酒と食』の洗練されたセレクトショップ
まずやって来たのは、田川市内でも指折りのオシャレなお酒屋さん。
古民家を改装した店内はアンティークの品々で飾られ、シャンソンが流れている。
ここは、洋服や雑貨のセレクトショップと同じように、“お酒と食”をテーマにしたセレクトショップ。
お酒屋さんなので選りすぐりのお酒はもちろん、世界中からセレクトされたおつまみやお菓子、ステキな雑貨も置かれている。女子なら絶対に好きな、かわいいデザインのものがたくさん。
何を買おうか選ぶのに迷っていると、「田川は実は米どころで、お米が美味しいよ。そんな田川のお米を100%使った美味しい甘酒があるよ」とご店主に教えてもらう。濃厚ながら後味さわやかと聞いて、あとで飲むのが楽しみ。
Shop memo
味の番頭 田蔵
福岡県田川市番田町1-7
0947-45-6961
http://halo-hello.jugem.jp/
昭和13年創業、「いつもの日常をうれしい おいしい たのしいに。」をテーマに、現在3代目が営むお酒屋さん。日本酒や焼酎、ワイン等の品揃えの充実はもとより、食品や雑貨の洗練されたセレクトにも定評があり、贈答用を買い求めにこちらのお店を訪れる人も多い。田川の産業遺産をイラストにしたオリジナルの包装紙や、センスの良いラッピングサービスなどが、"買い物すること"をいつも以上に楽しい気持ちにさせてくれる。
\ここもステキ/
現在のご店主がお店を始めた当初は、日本各地・世界各国という広い視野で商品が選んでいたが「地元にも素敵な商品がたくさんあることに気付くようになった」という。地域の生産者を応援するため、地元の食材を使った商品などを中心に集めたコーナー、『田川マイスターショップ』を店内に設置。
福岡県立東鷹高校の生徒が考案した「東養スープ」(¥324)や、地元米を使用したオリジナル商品「みんなの甘酒」(¥860)、JAたがわ『あゆみ工房』にて生産から加工・販売までを手がける「お米のクルトン」(¥250)など、田川の魅力を再発見してもらえる、素材の良さを生かしたアイディアあふれる商品を販売している。
福岡県商工部観光局観光振興課 TEL:092-643-3429
福岡県商工部観光局観光振興課 TEL:092-643-3429